ナチュロルの根拠を成分から調べてみた

お外のビーグル ナチュロル

国産プレミアムドッグフードのナチュロル

世界初の安定・持続型ビタミンCを高濃度配合

ワンちゃんの身体を内側からサポート

笑顔で20歳を目指せるフードと売り出しています。

ナチュロルキャンペーン中

POINT その根拠はどこにあるのか?成分や原材料から効果をしらべてみました。

ナチュロルの根拠を成分から調べてみた

説明する女医のイラスト
以下がナチュロルドッグフードの保証成分です。(公式サイトより)

粗タンパク質 23~27%
粗脂肪 7~9%
粗繊維 2~4%
水分 9%以下
安定・持続型ビタミンC 1,000㎎/kg
天然バイオフラボノイド 200mg/kg

 

特徴的な2点について、詳細を調べました。

安定・持続型ビタミンC
天然バイオフラボノイド

安定・持続型ビタミンC

安定持続型ビタミンCの詳細の前に、ビタミンCの役割について見て行きましょう。

ビタミンCの役割

レモンイラスト

犬にとって、ビタミンCは健康で長生きする為に欠かせない成分です。

その役割は以下のようなもの

・免疫力アップ
・コラーゲン生成
・活性酸素除去

免疫力が上がると、白血球の機能が強化することで風邪予防の他に、ストレスやウイルスに強くなります。

ビタミンCがコラーゲン生成し、肌の調子を整え、関節や歯周病の予防にも役立ちます。
活性酸素を除去し体内の酸化を防ぐことで、老化や白内障の防止になります。

 

ビタミンCが不足することで起きやすくなる症状

・皮膚が荒れる
・関節疾患
・骨折しやすくなる
・傷の治りが遅くなる
・貧血や出血しやすくなる


犬は体内でビタミンCを合成できますが、作られる量だけでは足りません。
さらに歳を重ねるごとに、作られる量は減っていきます。

また若い犬でも、免疫力が落ちている時は、作られにくくなると考えられていて
体内だけでは、補えないことが多く不足気味な状態になります。

安定・持続型ビタミンCの特徴

ビタミンCが犬にとって大切な成分であることがわかりました。

しかしビタミンCは壊れやすという性質があり、またたくさん摂っても数時間後には尿と一緒に排出されてしまうと言われています。

そこで作られたのが、安定・持続型ビタミンCです。

これによりビタミンCの壊れやすい性質の解消と、すぐ排出されずに体内でゆっくり分解されるようになりました。

天然バイオフラボノイド

バイオフラボノイドはビタミンCと相性の良い成分です。

その役割は以下のようなもの

・ビタミンCの働きを補助
・毛細血管を強化、血流を改善
・血液中の中性脂肪分解
・活性酸素除去

バイオフラボノイドはビタミンCの働きを助け、酸化から守ります。抗酸化作用によりがんや糖尿病の予防が期待出来ます。バイオフラボノイドは壊れやすいビタミンCを安定させる働きもあります。

ナチュロルの原材料

次に原材料を調べました。ドッグフードイラスト
 
ナチュロルの原材料は以下のとおり。(公式サイトより)
新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)新鮮鶏生肉(兵庫県産)新鮮馬生肉(カナダ産)
新鮮魚生肉(兵庫県産)タピオカ(タイ産)魚粉(北海道・長崎県産)紫さつまいも(タイ産)チーズ(国産)ココナッツ(フィリピン産)リンゴ繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

肉類

肉の塊

肉類が牛生肉、鶏生肉、馬生肉、鶏粉末とあり、下の魚介類とあわせて55%を占めています。
新鮮なお肉がたっぷりで高栄養、高タンパクです。
 
犬の身体は毛も皮膚も内臓も、そして血液や骨までもタンパク質で構成されています。
体を作り、代謝と免疫力を保つ大事な役割を果たしており、最も大事な栄養素です。
 
タンパク質は体内でアミノ酸に分解されますが、 犬の必須アミノ酸10種類がバランス良く含むのが動物性タンパク質で、ナチュロルなら十分に摂る事ができます。

魚介類

イワシ

新鮮魚生肉や魚粉が入っており、生魚からはオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を摂れます。
魚の脂に含まれる高度不飽和脂肪酸と呼ばれる必須栄養素です。

エイコサペンタエン酸(EPA)

血液を健康に保ち、血栓をできにくくしたり、高脂血症を予防するなど、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きが期待できます。血液サラサラ効果があると言われています。

ドコサヘキサエン酸(DHA)

脳や神経組織の発育や機能を維持する効果が期待できます。

タピオカ

タピオカを飲む女性

ドッグフードにタピオカが入っているって意外に感じませんか?

タピオカの原料はキャッサバというイモの一種です。食後に血糖値が上がりにくく、腹持ちが良いので肥満防止も期待できます。

さらにタピオカに含まれている難消化性でんぷんが、食物繊維のように働き腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌

乳酸菌

乳酸菌は、体内環境を改善して整腸作用で腸の活動を高め消化吸収を助けます。

期待出来る効果として、抗菌作用、抗がん作用、 細菌やウイルスに対する免疫力活性、呼吸器系疾病、肝機能低下や腸障害などの発生を予防します。

乳酸菌は熱に弱く、製造工程の高温処理で破壊されてしまう事が多いのですが、ナチュロルでは低温フレッシュ製法により、生きた乳酸菌がお腹に届きます。

グルテン・グレインフリー

小麦イラスト

グレイン(穀物)やグルテン(小麦などに含まれるたんぱく質)はアレルギーの原因になることが多く、犬の身体では消化がしづらく負担になるという意見も多くあります。

ナチュロルはグルテン・グレインフリーです。

ナチュロルの成分を調べてわかった特徴

指示棒を持つ犬のイラスト

今回はナチュロルの成分や原材料から、健康寿命を延ばせる根拠を調べました。

特徴的な箇所として以下の通りです。

・高タンパク高栄養
・ビタミンCとバイオフラボノイドで体内が活性化
・無添加とグレインフリーで体の負担になるものは使われていない
・低温フレッシュ製法で生きた乳酸菌が腸内に届く

欠点としては、価格がそれなりになってしまうというところです。

ヒューマングレードの質の高い原材料を使ったり、安い材料でかさ増しをしたりせず新鮮な肉や魚をたっぷりつかうことで、どうしても価格は上がってしまいます。

経済状況やワンちゃんの年齢、体質、飼い主の方の考えなど、総合してベストなフードを選んでください。

ミニチュアダックスとナチュロル

フード選びの参考になれば幸いです。

>>100円でお試しができる公式サイトはこちら